« 2007年3月 | トップページ

2007年4月15日 (日)

ありがとうございました。

2005年12月1日からはじめてきたブログ『CARAMEL RINNGO』ですが、今日を最後に辞めることにしました。色々な方と知り合いになれたり、また元々知り合いの方からも色々なご意見やご感想をいただけてとてもやりがいがありました。私自身の趣味であったり生活の一部であったこのブログを辞めるということはとても寂しいことです。しかし、色々やりにくくなっていく部分も感じていました。沢山の方に見ていただいてるので、細かい気持ちや理由が書けないのが残念ですが、私なりに考えた結論です。
(以前大好きなブログを書くブログ友達さんがやめてしまったとき、とても寂しかったのですが、そのお友達の気持ち、とてもわかるなぁ~と感じる今日この頃でした。)

ここで出会えた人たちも、元々のお友達にも、ただなんとなく見続けてくれた人たちも、楽しいコメントやアドバイスを頂いてとても感謝しています(*^-^*)ありがとうございました!!

また他のブログのサービスで新たにブログを始めるということも考えておりますので、またご連絡する手段がある方にはお知らせいたします(*^-^*)携帯からも見れるブログがいいかなぁ~なんて・・・色々考えています。1年4ヶ月ちょっとのお付き合いでしたが本当にありがとうございました。

| | コメント (11)

2007年4月13日 (金)

☆かぼちゃとひじきの煮もの・旦那さん作☆

     Kabotya20070413

久しぶりの更新になってしまいました。月曜にいきなり熱が出てから昨日まで、どっぷり寝込んでいました。喉が痛くなって熱が出て・・・という私のいつもの風邪引きパターンとは違い、今回はいきなり熱が出て3日ほどさがらず、お腹が下って下って下りました。辛かったです~(>_<)しかし今朝あたりからすっかり元気になって、今日はだんなさんの作ったこの煮ものも思う存分食べることが出来ました(*^-^*) かぼちゃもひじきもおいしかったぁ♪

| | コメント (3)

2007年4月 8日 (日)

炊飯土鍋

     Gohan

最近、カタログで選ぶプレゼントで頂きました炊飯土鍋です。炊飯土鍋を買ってからこの話を周りの方にしてみたら、意外とみんな炊飯土鍋を使っていてびっくり!やっぱり日本人。ご飯に対する意識の高さ?のようなものを感じました。この炊飯土鍋で炊いてご飯を食べてから我が家では今のところジャーは使っていません。(まだ1週間くらいだけど・笑)食べる前は、続かないだろうし、特別な時だけ美味しく炊いて食べるのも良いなぁ♪なんて軽い気持ちだったのですが、やっぱり美味しい!!これはぜひ土鍋ご飯生活続けたいぞ!!しかも早い!ご飯がツヤツヤ出来上がってみずみずしい感じ!とにかくとっても美味しい(*^-^*)ご飯を炊くための土鍋なので、蓋も内蓋と外蓋と2重になっています。6合炊きでとても大きいのが難点かな・・・。(携帯が写ってるのは大きさ比較のためです)我が家は1合~2合しか炊かないので。来客のときのことを考えるとよかったかな???

| | コメント (4)

2007年4月 7日 (土)

☆スノーボール☆

     Snow20070405

お友達の家に遊びに行く時に、手土産として作りました。『スノーボール』です。フードプロセッサーを使ってわりとお手軽に作れるレシピ。また作ろうっと♪クルミも細かく砕いて入っています。見た目もコロンとして可愛いので、お気に入りです(*^-^*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

☆ペスカトーレ・旦那さん作☆

     Peska20070404

旦那さんが作ってくれたペスカトーレです。魚介を沢山入れてくれてとても美味しかったです♪特に海老は沢山入っていて嬉しかったです(*^-^*)ピリ辛だけど、もう少し辛くても良かったかな??でもソースの味はやっぱりこの魚介からでてるダシで最高でした。

落合務シェフのイタリアン―ラ・ベットラ・ダ・オチアイ Book 落合務シェフのイタリアン―ラ・ベットラ・ダ・オチアイ

著者:落合 務
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

☆ピーナッツスクエア☆

     Natu20070226

旅行へ行くより前の話ですが、パン教室で『ピーナッツスクエア』を作ってきました。かなり大きくて食べるのが大変でしたが、美味しかったです(*^-^*)旦那さんにも好評でなによりでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

旅行後の楽しみ

      Popi1

      Popi2

      Popi3

      Popi4

      Popi6

      Popi7_1

いきなり写真6枚も並べられてなんだよ??ッて思いました??(笑)千葉県館山へ行った時にポピー摘みをしたのですが、すべてツボミを摘んできました。旅行から帰ってきて夜花瓶へ。朝起きると、1本咲いていてびっくり。その後2~3時間の間に次々と少しずツボミが開いて咲きました!!咲く瞬間やつぼみが開く瞬間も見ることが出来ました。その途中経過の写真6枚だったわけです。10本摘んできたので後5本咲いていませんが、旅行から帰ってきた次の日に一気に5本咲いたのでびっくり(≧∇≦)とっても可愛らしくお部屋を明るくしてくれています。旅行から帰ってきても楽しめるなんて最高♪

| | コメント (7)

2007年4月 3日 (火)

千葉県館山への旅・2日目

     Maza2_1

2日目はマザー牧場へ行きました。マザー牧場は思っていたよりすごく沢山の坂があって、どこへ移動するのも疲れたぁ~~(>_<)でも菜の花が沢山咲いていたし、動物たちも可愛かったです。

     Mazananohana

菜の花は菜の花畑を歩くというよりも、斜面に咲いているのでその間に作られている道を歩きます。

     Ahiru1

     Ahiru2

     Ahiru3

なんと言っても可愛かったのが、マザー牧場に着いて一番初めに見た『あひるの大行進』一生懸命お尻を振りながら、走ったり歩いたりする姿がめちゃくちゃ可愛かったです。

     Bumaza

子豚ちゃん。レースにでる子豚ですと柵に書いてありました。そんな感じに見えないなぁ・・・。

     Kobutanoresu

そしてこちらが↑子豚のレース。選ばれた子供たちが子豚のおしりや背中を軽くたたきながらゴールへ導きます。良くわかってない子供たちや予想外の動きをする子豚ちゃんたちにみんな爆笑でした。子豚ちゃんも子供たちもとても可愛かったです。写真だから動きは止まってますが、意外とあっと言う間の出来事という感じの早さです。

     Usi

     Loveusi

いちゃついている牛さんもいました。しばらくして通っても仲良く2頭でいてとってもほほえましかったです。

       Miti_1 

マザー牧場内の案内表示にだまされ、思いがけない道を延々と歩くハメになりました(>_<)あの表示は・・・。(『羊の牧場こちら→』という感じで書いてあったのですが、山道で、しかも羊には一頭も出会えなかったのだ。)子供を連れた人は本当に大変そうでした。この写真の道は平坦ですが、上り下りあり、足を踏み外したら・・・と思うような場所もあり、雨が前日に降ったのでちょっぴりぬかるみもあり(-”-;)非常につかれたぁー。

     Yagi

変な山道を抜けた後、通常の道でやっとこやぎさんに出会えました。

        Hitujiup_1

そしてやっとやっと目的の子羊と触れ合うことが出来ました。可愛い顔ですよね~!!↑の写真は私たちの前に並んでいたご家族が子羊ちゃんと写真を撮った瞬間だったのですが・・・

      Hituji2_1

私たち夫婦が写真を撮ってもらう瞬間には大きく『メェ~~~!!』と鳴いてこんな顔になってしまいました∑( ̄口 ̄)でもちょっと面白い瞬間に撮れたから良かったかな?

       Omoide

今回の旅行は1泊2日と短かったけど、とても充実した楽しい2日間でした(*^-^*)

| | コメント (10)

2007年4月 2日 (月)

千葉県館山への旅・1日目後半

  Popi_1

ランチの後は、『館山ファミリーパーク』 へ行って来ました。目的はポピー摘み。沢山のポピーが一面に咲いていてとても可愛らしかったです。10本110円で摘むことが出来ました。つぼみを摘みます。

  Popisora_1

遠くのほうで花を摘んでいる人はブログ初登場のSORAです(笑)わかります???私は旦那さんのことは置き去りで、一人夢中で10本のつぼみを選びに選んで摘みました。それにしても一人で私は遠くへ行ってしまっていたんだなぁ・・・。

  Kinsenka_1

キンセンカ(↑)も3本摘んできました。3本とはいえ、つぼみもしっかり付いていて一本がかなりずっしりした感じです。旦那さんはあまり植物に興味がないのですがめずらしく「この花も可愛いよ。」と、言ったので摘んで帰ることにしました。今部屋にも飾って本当に可愛らしいです。

     Yoko

館山ファミリーパークを後にして、ホテルのチェックインまでにはもう少し時間があったので『常楽山萬徳寺』という所へいきました。ここは大きな仏様が横になっています。とてもめずらしくてびっくり。人を入れない撮影はしてはいけないということでした。あまりにも大きくて写しきれないほどでした。お坊さんのような方がいて、色々なルールの説明があります。まずお線香を5本お供えして、靴を脱いで仏様を3周。仏様の足裏の法輪に願い事をしながら触れると言う感じでした。この日は雨が降った後なので靴の裏をキレイして靴でよいということでした。仏様が横になっているので足の裏がみれるということで、とても珍しいですよね。

     Hoteruheyaumi

ホテル到着。『ホテルアクシオン館山』です。ホテルの部屋(↑ベランダより)からは海が見えました(*^-^*)

     Hotelhidari

     Hotel3

     Hotelmigi

外観がとてもきれいなホテルです。中はそうでもないのですが・・・(笑)でも海も見えるし、外観が素敵なので庭が見えるカフェでコーヒーしたしりて過ごしました。岩盤浴も1時間やりスッキリ。岩盤浴の後のシャワーは気持ちイイ!温泉も入って、お肌もツルツル・・・のハズ。

    Yoru1 Yoru2

    Yoru3 Yoru4

    Yoru5 Yoru6

夕食は和食をお願いしました。色々出てきてお腹一杯。お料理は次々と出てきて、写真は撮り忘れまくりでした。一番したの左の写真なんて・・・本当はダシに入れて寄せ鍋にする具なんです(笑)具だけを写真で見せてどうする!!って感じなんですが・・・。真ん中の黒い鍋のようなものはお味噌汁です。赤だしで慣れない味でしたが家で食べるのとはまた違った感じでよかったです。最近は生ものが食べれるようになったので、本当にどこへ行っても食事で楽しめるようになりました♪嬉しいなぁ♪

| | コメント (3)

2007年4月 1日 (日)

千葉県館山への旅・1日目前半

  3月30日・31日の1泊2日で旅行へ行って来ました(*^-^*)神奈川県久里浜~千葉県金谷までフェリーで行く予定でしたが、行きの午前中は雨風邪共に強かったのでアクアラインを使っていってきました。

千葉へ付いて車を止めて遊ぶぞ!ッて時には雨は上がっていたので良かったです♪ただ、一日目に予定していたマザー牧場は2日目に回して、1日目はガイドブックを見つつ寄り道しながらホテルへ行きました。

     Biwakurabu

はじめに立ち寄ったのは道の駅『とみうら枇杷倶楽部』。この建物(↑)の裏側のお庭は花が沢山植えられていてすぐそばには川と山。自然がいっぱいの素敵な所でした。ちょっとした休憩のつもりで立ち寄ったのですが思いのほか満喫することが出来ました。

     Biwahana

     Biwakesiki

        Biwapafe

『とみうら枇杷倶楽部』では、枇杷パフェを食べました!ソフトクリームも枇杷ソフトで、とってもはまりました!また行くことがあったら絶対に食べたい~(≧∇≦)枇杷のシロップ漬けを使っていると聞いたので同じものを小さい瓶で買ってきました。小さい瓶だけど700円ちょっとしました。でもなにかお菓子が焼けたらいいかなと思います(*^-^*)

        Siro

そしてまた車を走らせて、館山駅を過ぎて少しすると、山の上にすごく目立つお城が!!『館山市立博物館』でした。とりあえずいってみよう!ということになりました。

        Kaidan

駐車場に車を止めてからお城まで結構長い階段や坂を登ります。

     Sakura1

桜はまだ咲いてない所も沢山あったけど、ちらほらと可愛らしく咲いていました。

     Sakura2

お城からの眺めは少し雲が残っていたとはいえ、360度海も山も街も良く見えました!!突然だったけど、立ち寄ってみてよかったなぁとおもいます。ただ、私たちは全然展示物はみずに、最上階へさぁーーーっと上がって行き景色を楽しみました∑( ̄口 ̄)そんなところも私たちらしいのでよいと思いました。

     Sirokesiki1

     Tubaki Su

そしてランチへ。『漁師茶屋』という海ップチのお店で頂きました。

     Hirusora

     Hiruboz

盛り付けとか、余り美しくない所がまた「漁師茶屋」だけに漁師っぽさなのかな??なんて思いつついただきました。海鮮丼とお刺身定食です。海鮮丼のまんなかにあるのはおそらく名物の「なめろう」だと思われます。アジやイワシなどの地魚をおろして包丁で粘りが出るまでたたいて生姜やネギを加えて味噌で味をととのえたものなのだそうです。 

     Umihiru 

漁師茶屋の前の海はこんな感じです。なんだか強そうな海でした。

1日目ランチまででもずいぶん長い日記になってしまいました。また別けて1日目後半を書きたいと思います。

| | コメント (6)

« 2007年3月 | トップページ